メニューの開閉

校友

ライフセービング全日本 三井貫禄の3冠達成 世界選手権 表彰台に弾み

 ライフセービングの全日本選手権が10月6、7の両日に神奈川県藤沢市の片瀬西浜海岸で行われ、九十九里ライフセービングクラブ(LSC)の三井結里花(2014年文理卒)がサーフスキー、スイム、パドルボード、ランを1人でこなすオーシャンウーマンで4連覇を達成した。三井は救助役の選手が溺者役の選手を浜まで運ぶ速さを競う団体種目の女子レスキューチューブレスキュー(4人1組)と同ボードレスキュー(2人1組)でも優勝、オーシャンウーマンリレーは2位だった。三井が所属する九十九里LSCが総合で初優勝を果たした。

(さらに…)

合わせて読みたい

校友

女子レスリング 55キロ級でロンドン目指す 山本聖子が現役復帰

 女子レスリング元世界チャンピオンで本学OGの山本聖子(2003年通信教育部卒、28歳)がこのほど現役復帰し、2012年のロンドン五輪への出場を目指す意向を明らかにした。昨年の北京五輪金メダリストの吉田沙保里(ALSOK […]

校友

芸術 第3回「日藝賞」発表 受賞者は宮藤、真田両氏

 芸術学部の第3回「日藝賞」に脚本家の宮藤官九郎さん(38歳、1989年放送学科入学)と俳優の真田広之さん(48歳、83年映画学科卒)が選ばれた。授賞式は、4月8日、江古田校舎大ホール棟で開かれた入学歓迎式の中で行われ、 […]

校友

校友会役員総会 6議案を承認 ミャンマー支部に支部旗

2019年度の本学校友会役員総会が7月12日、東京都文京区の東京ドームホテルで校友会会長の田中英壽理事長ら役員298人(委任状136人含む)が出席して開催された。

校友

柔道 グランドスラム 原沢連勝飾る 内股で決めた

 柔道のグランドスラム・パリ大会が10月17、18日にフランスのパリで行われ、男子100㌔超級で全日本王者の原沢久喜(23歳、2015年法卒=日本中央競馬会)が優勝、ロシアでのチュメニ大会に続きグランドスラム連勝を飾った […]