宮崎日大高 教員2人が入賞 宮日総合美術展

校友

2017.10.26 18:19

 宮崎日日新聞社が主催する第69回宮日総合美術展で、宮崎日大高の河辺光洋教諭のイラスト作品がデザイン部門で最高賞の宮崎日日新聞社賞、河崎志郎非常勤講師の油絵作品が絵画部門で2位に相当する県知事賞を受賞した。


 高校生以上の宮崎県在住者が対象の公募展で、ことしは6部門で456点が入選、59点が入賞した。
 河辺教諭は絶滅危惧種イグアナの保護をテーマに、黒い紙の表面を針などで削るスクラッチ技法でイラストを制作。河崎講師は夜のバーカウンターを舞台にした男女の人間模様を独特のタッチで描いた。