メニューの開閉

校友

新体操世界選手権 大垣日大高の鈴木 42年ぶり団体メダルに貢献

 大垣日大高の鈴木歩佳(3)が、このほどイタリア中部のペーザロで開催された新体操の世界選手権に最年少の17歳で出場し、団体総合銅メダルなど団体種目での日本の42年ぶりのメダル獲得に大きく貢献した。

(さらに…)

合わせて読みたい

校友

村田、五輪代表入り 北京での活躍に期待かかる

 本学OBの横浜ベイスターズ村田修一(2003年経済卒、写真=(C)YOKOHAMABayStars)が野球の北京五輪日本代表に選ばれた。村田は8月3日、風邪による、のどの痛みのため東京都内の病院に入院したが、数日中に退 […]

校友

陸上セイコーGP ケンブリッジリレーV貢献 東京五輪へ視界良好

 陸上のセイコーゴールデングランプリ大阪が5月20日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子4×100㍍リレーで日本代表Aチームのアンカーとして出場したケンブリッジ飛鳥(2016年文理卒=ナイキ)が優勝に貢献した。

校友

全国技能グランプリ 「かわらぶき」で優勝

熟練技能者がさまざまな技能の日本一を競う「第25回全国技能グランプリ」が3月20日から23日まで神戸市内で行われ、茨城県の桜井瓦工業4代目の桜井茂幸さん(34歳、1993年土浦日大高卒)が「かわらぶき」部門で内閣総理大臣 […]

校友

プロゴルフ 大山3年ぶりV プレーオフ制す

 ゴルフの女子マスターズGCレディースが10月21日から23日まで兵庫県三木市のマスターズゴルフ倶楽部(6458ヤード、パー72)で行われ、大山志保(1996年文理入学)が3年ぶりに優勝した。