卓球 福岡が五輪出場決定 得意の王子サーブを駆使

校友

2008.4.23 20:13

 卓球の北京五輪アジア大陸予選が3月6日から9日まで香港で行われ、女子シングルスで福岡春菜(2006年法卒=中国電力)が自身初の五輪出場を決めた。
 。


 福岡は大会初日、第1ステージBグループを1位で通過し、第2ステージに進出した。第2ステージは変則トーナメント方式で行われ、上位7人の選手に五輪出場権が与えられるシステム。福岡は1戦目のキム・ミヨン(北朝鮮)に4-2で勝利。しかし、2戦目ではテンポのよいプレーを見せるナンタナ・コムウォン(タイ)に2-4で敗れた。その後、過去2回対戦し2勝しているキム・ジョン(北朝鮮)を4-0で下し五輪出場権を獲得した。
 福岡は、球にさまざまな回転を与える得意の王子サーブを駆使、今年前半最大の目標である五輪への出場を実現させた