自動車 全関東ジムカーナ 石沢が個人初優勝 団体3位全日本出場決める

スポーツ

2019.7.3 18:21

 自動車の全関東学生ジムカーナ選手権が5月26日、静岡県小山町にある富士スピードウェイで開催され、本学自動車部の石沢一哉主将(商・会計4)が男子個人戦で初優勝を果たした。


 ジムカーナは、舗装面上に配置されたパイロンを定められた順に巡り、ゴールまでのタイムを競う。走行は2回行い、速い方のタイムが採用される。団体戦は全出場選手の合計タイムで争う。
 ジムカーナを得意とする石沢は1走目は無理をしない走りで1分0秒89で全体2位。ライン取りやブレーキングなどの修正を加え、挑んだ2走目では参加選手で唯一人1分を切る59秒6で優勝。
 関東の大学でトップクラスの強さを誇る本学は、団体でも3分8秒22で3位に入り、9月に行われる全日本ジムカーナへの出場権を得た。
 石沢の話 全日本の団体はみんなで協力して優勝を目指す。個人では、2位以下に大差をつけ圧倒的な優勝を決めたい。