相撲・東日本学生 団体8強止まり 日体大戦で苦杯

スポーツ

2019.7.3 18:20

 相撲の東日本学生選手権が6月9日に東京都墨田区の両国国技館で行われ、本学男子は団体戦ベスト8に終わった。


 本学は12校によるAクラス予選を2勝1敗で通過。8校による決勝トーナメントに進出したが、初戦の日体大戦で先鋒の榎波将史(文理4=福井・奥越明成高)、二陣の石岡弥輝也(法2=鳥取城北高)、中堅の沢田日登志(スポーツ科4=埼玉栄高)が続けて敗れた。
 個人戦では、沢田と加藤翔太(法4=日体大柏高)が順当に勝ち上がったが、共に準々決勝で日体大の選手に敗れた。