馬術 全日本学生 全日本学生女子 古野が優勝果たす 松井ら健闘の準V

スポーツ

2019.3.20 14:06

 馬術の全日本学生選手権と全日本学生女子選手権が昨年11月23日から25日まで愛知県尾張旭市の愛知県森林公園で行われた。本学は、全日本学生で古野博人(生物資源科3=福岡・東筑紫学園高)が初優勝を果たし、有賀翔(スポーツ科2=東京・農芸高)が2位に入った。全日本女子は松井久美(生物資源科4=岡山・倉敷鷲羽高)が準優勝に輝いた。両大会とも、準決勝まで1グループ4人中上位2人が次戦に進む方式で馬場馬術と障害馬術の技術を競った。


 古野は決勝までの3試合を全て首位通過。決勝の馬場馬術は人馬一体の演技で61点の高得点を出し、首位に立った。障害馬術でも減点を最小限に抑え、2位有賀を振り切った。
 松井は決勝の馬場馬術で減点が相次ぎ2位と出遅れたが、続く障害馬術で減点0の完璧な走行を見せた。