シンクロ 三井、宮崎の代表入り確実に 世界水泳に向け始動

スポーツ

2015.2.3 11:37

 シンクロナイズドスイミングの日本代表派遣選手選考会が昨年12月20日、国立スポーツ科学センター(東京都北区)で行われ、本学の三井梨紗子(文理3=日大一高)が2位、宮崎夏実(同=東京・帝京高)が9位となり、2人は世界選手権に出場するAチーム代表入りを確実にした。


 2位になった三井は、昨年のアジア大会でもペアを組んだ乾友紀子(井村シンクロクラブ)とデュエットに出場する権利も得た。2月の最終選考会で代表が正式決定する。
 三井の話 今回もデュエット代表の権利を得たので、経験者として代表を引っ張る存在になりたい。リオ五輪でメダルを取るためにも、世界選手権で挑戦したい。
シンクロ.jpg
              三井はデュエット代表の権利も得た