ボート全日本 全種目での入賞を果たす かじ付きペアが1位

スポーツ

2008.10.29 21:45

 ボートの全日本選手権が9月18日から21日まで埼玉・戸田ボートコースで行われ、本学は男子かじ付きペアの奥村強司(法3=滋賀・瀬田工業高)、畠山勇生(同2=岩手・山田高)、堀内絢太(同=山梨・富士河口湖高)組が優勝するなど全8種目で5位以内に入賞した。


 男子かじ付きペアは、レース序盤の500メートル地点で龍谷大に首位を奪われたが、後半一気に追い抜き2位に4秒差の7分44秒83で優勝した。大学勢で唯一決勝に進出した男子エイトは、前半は明治安田生命と競り合ったが、後半になって徐々に差を広げられ、約2秒差の5分54秒38で2位に終わった。
 【そのほかの成績】▽男子シングルスカル (2)栗林誠和 ▽同ダブルスカル(2)本学 ▽同かじ無しペア (3)本学 ▽同かじ無しフォア (5)本学 ▽同かじ無し4人スカル (2)本学 ▽同かじ付きフォア (3)本学
a.jpg
ゴール直後の奥村、畠山、堀内(左から)