メニューの開閉

スポーツ

第37回全日本大学駅伝 14年ぶり日本一

 駅伝の第37回全日本大学対校選手権は11月6日、愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮間全8区間106・8キロに25校が出場して行われ、本学が5時間18分34秒で14年ぶり2度目の優勝を果たした。
 2区のディラング・サイモン(国際関係2=ケニア・ガル高)が37分46秒で区間新記録の走りを見せたほか、7区の阿久津尚二(文理2=栃木・佐野日大高)も35分28秒で区間賞を獲得した。
 本学は32年ぶりの箱根制覇を目指す。文・写真=大内 祐太

(さらに…)

合わせて読みたい

スポーツ

相撲全国学生 団体連覇ならず 個人で佐久間が準優勝

 相撲の全国学生選手権(インカレ)が11月6、7日に東京都墨田区の両国国技館で行われ、団体戦連覇を狙った本学は決勝で近大に敗れ準優勝に終わった。個人戦は2年ぶり2度目の学生横綱を懸けた主将の佐久間貴之(経済4=埼玉栄高) […]

スポーツ

野球 「東都」が寂しすぎる――神宮球場取材記

 「スタンドの観客があまりにも少ない」。野球部の担当になって1年半。ずっとわだかまっている思いだ。本学野球部は、東都大学野球連盟の1部リーグ所属。早慶戦で知られる東京六大学野球と並ぶ歴史あるリーグだが、土日曜日に開催され […]

スポーツ

重量挙げ 東日本大学対抗 糸数、藤原が優勝 男子団体総合は2位に終わる

 重量挙げの東日本大学対抗選手権が6月11、12日に神奈川県藤沢市の本学生物資源科学部体育館で行われ、男子69キロ級の糸数陽一(文理2=沖縄・豊見城高)と同105キロ級の藤原和朋(経済3=秋田・能代工高)が優勝した。同6 […]

スポーツ

フェンシング 全日本学生 女子フルーレ団体制覇 連覇懸けた男子団体は2位

 フェンシングの全日本学生選手権が11月7日から11日まで京都府乙訓郡の大山崎町体育館で行われ、本学女子がフルーレ団体で優勝した。連覇を懸けた男子フルーレ団体は2位に終わった。