重量挙げ 全日本社会人 糸数、持田がV ともに大会新

校友

2016.12.8 18:07

 重量挙げの全日本社会人選手権が11月21日から23日まで愛媛県新居浜市の市民文化センターで行われ、男子69㌔級の糸数陽一(25歳、2014年文理卒=警視庁)と同105㌔級の持田龍之輔(23歳、16年文理卒=ALSOK)がトータルの大会新で優勝。


 糸数は最優秀選手に選ばれた。
 糸数はスナッチの1、2本目を成功させ3本目で137㌔を挙げた。クリーン&ジャークは2本目の167㌔は失敗したが、3本目で171㌔を決めトータル308㌔とした。
 スナッチ3本目で自己ベストを2㌔更新する171㌔を挙げた持田は、ジャーク1本目200㌔、2本目206㌔に成功。3本目で216㌔に挑んだが失敗。トータルは377㌔だった。