シンクロ アジアエージ 付属から2選手 FC優勝に貢献

校友

2015.12.10 13:36

 シンクロナイズドスイミングのアジアエージグループ選手権が10月4日から7日までタイのバンコクで行われ、豊山女子高1年の北村優衣、鶴ケ丘高3年の清水葉月がフリーコンビネーション(FC)の日本代表として出場し、優勝した。


 日本チームはFCの評価項目の一つであるアーティスティックインプレッションで33・8667の高得点をたたき出し、2位のカザフスタン代表に総合で7・8点の大差をつけた。