メニューの開閉

校友

ラグビーW杯 大野が代表最年長出場 南ア、サモア戦で勝利貢献

 本学OBでラグビー日本代表の大野均(2001年工卒=東芝)が、10月3日に行われたワールドカップ(W杯)のサモア戦に37歳150日で出場、東芝などで活躍した村田亘氏(現専大ラグビー部監督)が持っていた代表最年長出場記録を更新した。

(さらに…)

合わせて読みたい

校友

理工 堤さんの建築模型が最優秀賞 被災故に見えた美

 ことし理工学部海洋建築工学科を卒業した堤昭文さんの建築模型「故郷の星憬(せいけい)」が「デザインレビュー2015」で最優秀賞に選ばれた。

校友

リオパラ五輪 木村4種目で表彰台 全力出し切った

リオデジャネイロパラ五輪で日本が獲得したメダルは24個。本学勢では水泳の木村敬一(26歳、2015年大学院文学研究科博士前期課程修了=東京ガス)が視覚障がいクラスの5種目に出場。 男子100㍍バタフライと同50㍍自由形で […]

校友

陸上日本選手権 やり投げ村上11連覇 藤光初、畑瀬3年ぶりV

 陸上の日本選手権が6月4日から6日まで香川県丸亀市の県立丸亀競技場で行われ、村上幸史(30歳、2002年文理卒=スズキ浜松AC)が男子やり投げで11連覇を果たした。200㍍では藤光謙司(24歳、09年同卒=セーレン)が […]

校友

箱根駅伝出場選手を激励 校友会が栄養費を贈呈

 校友会スポーツ振興特別委員会(委員長=松雄行常務理事)は11月26日、2009年1月に行われる箱根駅伝に出場する陸上競技部の長距離部門の激励式を行った。田中英壽理事長をはじめ・松常務理事、佐藤三武朗陸上競技部部長らが出 […]