沖縄市長選挙 桑江氏が当選

校友

2014.5.24 21:05

 任期満了に伴う沖縄市長選挙は4月27日に投開票され、無所属で前県議の桑江朝千夫氏(58歳、1983年法卒)が初当選した。


 選挙は米軍普天間基地の辺野古移設の是非などを争点に、桑江氏と無所属で前副市長の島袋芳敬氏の一騎打ちとなった。
 桑江氏は2万9968票を獲得し、島袋氏に約2000票差で当選した。当日の有権者数は10万1122人で投票率は57・73%。