レスリングアジア選手権 女子55キロ級で松川V 三村は48キロ級5位に終わる

校友

2011.7.6 18:08

 5月19日から22日にウズベキスタンのタシケントで行われたレスリングのアジア選手権に本学勢4人が出場、女子55キロ級で松川知華子(26歳、2007年芸術卒=ジャパンビバレッジ)が優勝した。り良かった。


松川の同選手権優勝は2年ぶり3度目。また学生では同48キロ級の三村冬子(文理4=京都・網野高)は5位だった。
 松川は初戦を第1ピリオド開始40秒でフォール勝ち。2回戦は第1ピリオドを1-0、第2ピリオドを2-0で快勝した。カザフスタン人選手との準決勝は第1ピリオドを先取、第2ピリオドでタックルからフォールに持ち込んだ。決勝では中国人選手と対戦。第1ピリオド序盤に先制を許したが、中盤に投げ技を決めフォール勝ちした。
 三村は初戦を2-0で勝利したが、モンゴル人選手との準決勝でフォール負け。3位決定戦で昨年のアジア大会覇者の北朝鮮人選手と対戦。第1ピリオドを0-1、第2ピリオドも2-6で敗れた。
 松川の話 応援してくれた人に感謝したい。決勝前に練習した投げ技が決ま