全国校友大会開く 関係者ら約1000人出席

校友

2011.1.8 08:34

 全国校友大会が11月15日、東京都文京区の東京ドームホテルで開催され、校友会会長である田中英壽理事長のほか酒井健夫総長や本学出身の国会議員ら約1000人が出席した。今回は7月の参院選で当選した本学関係者の祝賀も兼ねた。


 田中校友会会長は「125年から130周年までに、病院、新学部、小学校設置が目標」とあいさつ。酒井総長は「校友のみなさんには学生の就職を支援してもらいたい」と呼び掛けた。
 また小沢一郎衆院議員(68歳、1967年大学院法学研究科入学)は「景気回復が国民の願い。本学で学んだ建学の精神の下で頑張りたい」とあいさつした。
20101220小沢.jpg
      あいさつする小沢議員