メニューの開閉

校友

陸上日本選手権 やり投げ村上11連覇 藤光初、畑瀬3年ぶりV

 陸上の日本選手権が6月4日から6日まで香川県丸亀市の県立丸亀競技場で行われ、村上幸史(30歳、2002年文理卒=スズキ浜松AC)が男子やり投げで11連覇を果たした。200㍍では藤光謙司(24歳、09年同卒=セーレン)が初優勝、砲丸投げでは畑瀬聡(27歳、05年同卒=群馬綜合ガードシステム)が3年ぶりに優勝した。走り幅跳びでは猿山力也(26歳、08年商卒=モンテローザ)が2位だった。

(さらに…)

合わせて読みたい

校友

レスリング 全日本 本学勢6人が表彰台に上る 高塚が60㌔級制す 6年ぶりの日本一に輝く

 レスリングの全日本選手権が昨年12月21日から23日まで東京都渋谷区の代々木第二体育館で行われた。

校友

法  本学職員優勝に貢献  神田消防団の技量競う大会

2022年度神田消防団可搬ポンプ操法大会が6月19日、東京都千代田区立神田一橋中学校校庭で開催され、本学法学部職員の山寺純平さん(33歳、11年生物資源科卒)が所属する「第1分団」が優勝した。 同大会は神田消防団の分団の […]

校友

入江監督が特別講義 映画「SR」の製作秘話語る

 映画監督で芸術学部OBの入江悠さん(32歳、2003年映画学科卒)が、ラップに青春をかける若者たちをシリーズで描いた映画の製作秘話を語る特別講義が昨年12月21日、芸術学部江古田校舎で行われた。

校友

プロゴルフ 大山が初の賞金女王 片山は3年連続の賞金王

 女子プロゴルフの大山志保(1996年文理入学)が初の賞金女王となり、不動裕理の7年連続女王の座を阻止した。また、男子プロゴルフは片山晋呉(91年法入学)が3年連続4回目の賞金王となった。