長島さんの祝賀会に250人 「ソチで金目指す」

校友

2010.6.14 16:55

 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート男子500メートルで日本勢として2大会ぶりの銀メダルを獲得した長島圭一郎さん(27歳、2005年文理卒=日本電産サンキョー)の祝賀会が、本学スケート部OB会主催で4月28日、東京都内のホテルで行われた。


 酒井健夫総長ら本学関係者約250人が出席。本学スケート部出身で、長野五輪金メダリストの清水宏保さん(36歳、1995年同卒)やアルベールビル五輪の銀メダリスト黒岩敏幸さん(41歳、91年経済卒)らも駆け付けた。
 酒井総長は祝辞で「本学スケート部出身の選手が歴史を脈々とつなげてくれている。これからも大いに活躍してほしい」と述べた。
 バンクーバー五輪の感想を尋ねられた長島さんは「実はレース前に居眠りしてしまった」などと語り、会場の笑いを誘った。今後については「ソチ五輪での金メダル獲得に向けさらに努力したい。表彰台を目指す気持ちを失った時点で引退する覚悟」と述べた。