メニューの開閉

校友

体操JAPANCUP 田中が個人総合で銅 団体総合では優勝の原動力に

 体操の第1回JAPANCUPが7月18、19日に千葉市の幕張メッセで行われ、日本代表初選出の田中和仁(24歳、2008年文理卒=徳州会体操クラブ)が男子個人総合で銅メダルを獲得、同団体総合でも日本の優勝に貢献した。大会には、北京五輪で上位に入った中国やドイツ、米国など6カ国のトップ選手が出場した。

(さらに…)

合わせて読みたい

校友

ソニーの岡氏が金賞 グッドデザイン賞商品部門

 2006年度のグッドデザイン賞商品デザイン部門で、ソニーの岡広樹さん(1979年芸術卒)がデザインした携帯型リニアPCMレコーダー「PCM―D1」が金賞を受賞した。かすかな音も録音できる集音機能や、ノイズを起こさない設 […]

校友

日大三高・野球 2年連続の選抜確実 神宮大会は初戦で敗れる

 10、11月に行われた野球の秋季東京高校大会で日大三高が7年ぶりに優勝を果たし、来春の選抜大会への2年連続出場を確実にした。東京地区代表で出場した明治神宮大会高校の部は初戦で日本航空高石川(北信越地区代表)に6―7で敗 […]

校友

射撃全日本社会人 10メートルエア、持ち味の精密射撃 松本が3度目の優勝

 射撃の全日本社会人選手権が9月3日から5日まで、広島県安芸太田町のつつがライフル射撃場で行われ、本学OBの松本崇志(2006年法卒=自衛隊体育学校)が男子個人の10メートルエア・ライフル立射(60発 満点600)の本戦 […]

校友

シンクロW杯 鈴木・原田組「銅」 

 シンクロナイズドスイミングの第11回ワールドカップ2006が9月14日から17日まで、横浜市の横浜国際プールで行われ、鈴木絵美子(経済4=東京シンクロクラブ、ミキハウス)、原田早穂(06年文理卒=同)が出場し、フリーコ […]