毎日新聞記者の高尾さん ボーン・上田賞受賞

校友

2009.6.30 21:38

 本学国際関係学部出身で毎日新聞社ヨハネスブルク支局長の高尾具成さん(42歳、1991年卒)がこのほど、国際報道で優れた業績を挙げたジャーナリストに贈られる「ボーン・上田国際記者賞」を受賞した。授賞式は4月9日に東京都千代田区の日本記者クラブで行われた。


 高尾さんは昨年3月と6月に、ムガベ大統領による独裁政治が行われていたアフリカのジンバブエに入国。大統領選をめぐる混乱を現地から報道した。同賞は、49年に飛行機事故で死去したUPI通信のマイルズ・W・ボーン副社長と電通の上田碩三社長の功績をたたえるために創設された。
 高尾さんの話 政治混乱による生活悪化の状況下でも、人々が助け合いながら生きていたのが印象的だった。今後もアフリカ国民の声を伝えていきたい。