学生書道展 安田さんに都教委賞 敦煌出土の木簡から臨書

校友

2009.4.30 21:49

 書道界最大級の会員数を擁する創玄書道会が主催する第45回記念全国学生書道展の審査が1月25日に行われ、高校の部で大垣日大高の安田愛さん(2)が東京都教育委員会賞に選ばれた。高校の部の応募数は3766点。


 同会常務理事の大平匡昭学生展部長(62)は「安田さんの作品は中国の敦煌(とんこう)から出土した約2千年前の木簡に記された漢字(隷書)を臨書した。躍動する筆致でおおらかに表現した」と述べた。
 安田さんの話 受賞できて本当にうれしい。顧問の先生に何度も指導を受け、満足のいく作品になった。共に頑張ってきた仲間と先生のおかげです。