箱根駅伝出場選手を激励 校友会が栄養費を贈呈

校友

2008.12.17 01:35

 校友会スポーツ振興特別委員会(委員長=松雄行常務理事)は11月26日、2009年1月に行われる箱根駅伝に出場する陸上競技部の長距離部門の激励式を行った。田中英壽理事長をはじめ・松常務理事、佐藤三武朗陸上競技部部長らが出席した。


 田中理事長から佐藤陸上競技部部長に激励金が手渡され、続いて10月の出雲駅伝で区間新記録を出したダニエル・ギタウ選手(国際関係3=ケニア・ガル高)が選手を代表し・松常務理事から栄養費を贈呈された。
 田中理事長は「次こそは悲願の優勝を成し遂げてほしい」と激励。ダニエルは「区間新を出して、チームに貢献したい」と述べた。