校友高校長招待会 開催

校友

2005.7.13 19:23

 2005年度本学全国校友高等学校長招待会が5月25日、本学お茶の水キャンパスで開かれ、校友学校長総数91人と付属学校長23人、桜師会役員6人が招待された。
 


 同会は校友高等学校長と本学役教職員のコミュニケーションを図り、お互いの教育事情に関する情報交換の場として年1回開催している。各都道府県にある桜師会支部の調べで校長であると判明した人が招待される。
 招待会は瀬在幸安総長のあいさつで始まり、続いて大学役教職員と高等学校長の紹介がされた。代表として埼玉・県立鴻巣高の朝倉文人校長(1968年文理卒)が「校長として、卒業生として特色ある学校づくりが必要です。北海道から沖縄まで多くの日大生が頑張っています。これからも誇りを持って働きたい」と話した。