大相撲夏場所 普天王関が敢闘賞に

校友

2005.7.13 19:20

 大相撲の夏場所が5月8日から22日まで東京・両国国技館で行われ、前頭10枚目の普天王関(本名内田水、2003年経済卒=出羽海部屋)が自己最多の11勝を挙げ敢闘賞を初受賞。また、小結の琴光喜関(本名田宮啓司、1999年経済卒=佐渡ケ嶽部屋)が6度目の技能賞を受賞した。
 


 普天王関は、先場所からインターネット上で日記を公開する、ブログ「現役力士『普天王』どすこい大相撲日記」をファンサービスの一環として始めた。敢闘賞受賞後は最高で1万4000件以上のアクセスがあった。また、ブログを始めてからは2場所連続で勝ち越している。
 普天王関の話 体調は良かったが、まさか自分が選ばれるとは思ってもみなかった。ブログの方は、応援されることもあるのでありがたい。まだ課題もあるが、来場所は上位と対戦するのでたくさんけいこをして上位と互角の戦いができるようにしたい。