ミス・ワールド・ジャパン 歯の槙野さんが準優勝

特集・企画

2016.10.6 18:59

歯学部5年生の槙野美里さんがこのほど、ミス・ワールド・ジャパン2016で、準優勝に相当する準ミス・ワールドに輝いた。


世界三大ミスコンの一つミス・ワールド2016の日本代表選考会も兼ねたイベントで、満18歳以上27歳以下の日本国籍を有する未婚女性が対象。6920人の中から書類審査、面接を通過した31人のファイナリストが7月から9月にかけて、ネット投票やモデルウオーキング、英語スピーチなどの審査を経て、日本代表のミス・ワールド・ジャパン1人のほか槙野さんら3人が準ミスに選ばれた。
 槙野さんはスピーチで、将来歯科医師になり口腔治療を通じて世界中の子どもたちを助けたいと述べた。
 槙野さんは「名前を呼ばれた瞬間は震えるほどうれしかった。自分の夢に向けて、今回の経験を生かしていきたい」と話した。