中国校友から1万枚

校友

2020.6.20 12:00

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い日本国内で緊急事態宣言が出され、マスク不足がピークに達していた4月14日、本学校友で中国・北京在住の王躍軍氏(1998年理工卒)から校友会本部事務局にマスク1万枚が届けられた。
荷物に添えられた手紙には「最初に中国で感染が広まった際、日本からたくさんの支援物資が届き大変感銘を受けました。日本での感染拡大を受け、母校に何か恩返しをできないかと考えました」と書かれていた。
校友会では、卒業から20年以上を経ても変わらぬ母校愛に感謝し、田中英壽会長の指示で校友会や学内の関係各所に急ぎ配布した。