メニューの開閉

校友

フェンシング グランプリ大会 山田が金メダル

フェンシングのグランプリ(GP)大会が3月8日にハンガリーのブダペストで開催され、山田優(2017年文理卒=自衛隊体育学校)がシニアの国際大会で初優勝を果たした。
試合前の時点で世界ランキング7位だった山田は決勝トーナメントからの出場。準々決勝はハンガリーの選手に15―8で勝利し、安定した試合運びを見せた。
ウクライナの選手との準決勝は接戦の末、1本先取の延長戦を制し12―11で勝利した。
勢いに乗って迎えた決勝では18年世界選手権王者のヤニック・ボレル(フランス)に15―11で快勝し、見事優勝を手にした。
今大会の優勝で山田の世界ランキングは2位に躍進した。

合わせて読みたい

校友

柔道グランドスラム 90㌔級で向が優勝 東京五輪代表へ猛アピール

 柔道のグランドスラム大阪大会が、11月23日から25日まで大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で開かれ、男子90㌔級の向翔一郎(2018年法卒=ALSOK)が優勝を果たし、東京五輪の代表争いにしっかりと踏みとどまった。1 […]

校友

陸上日本選手権 沢野、村上北京へ 本学OB3人優勝 十種競技の田中は代表逃す

陸上の第92回日本選手権が6月26日から29日まで川崎市の等々力陸上競技場で行われ、男子棒高跳びの沢野大地(2003年文理卒=ニシ・スポーツ)が3年連続の優勝を果たし、北京五輪代表に内定した。また、男子やり投げで村上幸史 […]

校友

体操 世界選手権 田中、団体銀に貢献 平行棒で日本人トップ得点

 10月中旬に東京都渋谷区の東京体育館で開催された体操の世界選手権に日本代表として出場した田中和仁(26歳、2008年文理卒=徳洲会体操クラブ)が男子団体の平行棒で日本人トップの得点をマーク、3大会連続の団体銀メダルに貢 […]

校友

陸上・棒高跳び 沢野、プラハ国際制す 主要国際大会は初めて