ゴルフ 松原がプロ初優勝 デビュー4戦目接戦制す

校友

2017.7.13 18:52

 ゴルフの「ISPSハンダグローバルチャレンジカップ」が6月7、9日に静岡県裾野市の裾野カンツリー倶楽部(6962ヤード、パー72)で行われ、松原大輔(2017年国際関係卒)がプロ初優勝を果たした。プロデビューが昨年11月で、4戦目でのスピード制覇となった。


 大会はストロークプレーで18ホールを3日間回る予定だったが、2日目が濃霧で中止となり初日と最終日の結果で勝敗がついた。
 松原は初日からパッティングがさえた。6アンダーと好発進し、首位と3打差の2位タイにつけた。最終日も他の選手がスコアメークに苦しむ中、3アンダーにまとめ1打差で接戦を制した。
 この結果、松原は7月に開催されるレギュラーツアー「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップトーナメント」と8月の「2017ISPSハンダマッチプレー1回戦」の出場権を獲得した。
 松原は「自分のプレーをすればプロでも通用するという自信がついた」と話した。