メニューの開閉

校友

競泳 和歌山県選手権 女子100㍍自制し 山根が初の代表

 競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)最終選考を兼ねた和歌山県選手権が6月10、11の両日に和歌山市の秋葉山公園県民水泳場で行われ、山根優衣(2017年文理卒=セントラルスポーツ)が女子100㍍自由形を54秒90で制して初めて同400㍍リレーの代表に内定した。

合わせて読みたい

校友

国際チア連合 世界選手権 小林が準優勝に貢献 息の合った演技で観客魅了    

 国際チア連合(ICU)主催のICU世界選手権が4月23、24日に米フロリダ州オーランドで開催され、チアダンスのフリースタイル・ポン部門で本学OGの小林由衣(31歳、2005年文理卒)が所属する「ゴールデン・ホークス」が […]

校友

体操世界選手権 田中、団体銀に貢献 平行棒で日本人トップ得点

 10月中旬に東京都渋谷区の東京体育館で開催された体操の世界選手権に日本代表として出場した田中和仁(26歳、2008年文理卒=徳洲会体操クラブ)が男子団体の平行棒で日本人トップの得点をマーク、3大会連続の団体銀メダルに貢 […]

校友

ゴルフ 丸山プロ五輪HCに 豊富な国際経験評価される

 ゴルフ部OBの丸山茂樹プロ(46歳、1988年経済入学=セガサミーホールディングス)が、リオ五輪のゴルフ日本代表ヘッドコーチ(HC)に就任することが決まった。

校友

ゴルフ 日本オープン 小平が初の日本一 1打差接戦の末、池田下す

 ゴルフの日本オープン選手権が10月15日から18日まで神戸市の六甲国際ゴルフ倶楽部(7416ヤード、パー72)で行われ、小平智(26歳、2008年文理入学=Admiral)が初優勝を果たした。