メニューの開閉

総合

私立大学研究ブランディング事業 スポーツの健全な環境守れ 反ドーピングでシンポ

 3月10日に開催されたシンポジウム「スポーツ日大によるアンチ・ドーピング教育研究拠点確立とポストオリンピックへの展開」は、本学が「真のスポーツ振興の旗手」としてのプレゼンスを示す格好の機会となった。本学の教職員をはじめとする各界の専門家は、摘発を逃れようと巧妙化する一方のドーピング技術への対抗策やサプリメント摂取などによる「うっかりドーピング」の防止といった課題について、さまざまな観点から報告・提言を行った(3月号で一部既報)。

(さらに…)

合わせて読みたい