2018年度予算 2620億円を承認 前年度比で72億円の増加

総合

2018.5.10 21:21

 2018年度予算が3月13日開催の評議員会を経て、16日開催の臨時理事会で承認された。資金収支予算総額は2620億円で、前年度より72億円の増加となった。


 【収入】収入の柱である学生生徒等納付金収入は設立3年目を迎えた危機管理学部、スポーツ科学部の学生数増加などにより、前年度比1・96%増の1113億9367万円となった。手数料収入は入学志願者の増加に伴う入学検定料の増収などにより同3・95%増の40億8774万円。
 一方、医療収入は日本大学病院と板橋病院の入院収入の減少などにより、507億7512万円(同0・10%減)だった。補助金収入は、私立大学等経常費補助金の減少により153億3461万円(同0・57%減)となった。
 【支出】人件費支出は、職員の定年退職者増に伴う退職金の増加などにより同0・53%増の978億4585万円となった。教育研究経費支出は、校舎建て替えに係る既存校舎の解体完了などにより、同0・23%減の628億9080万円となった。