大きな夢胸に、巣立ち 4付属専門で卒業式

総合

2017.4.4 20:30

 本学の3付属専門学校の卒業式が3月上旬に相次いで開かれ、卒業生がそれぞれの夢や目標に向かって歩き出した。


 医学部付属看護専門学校の卒業式は7日に同学部記念講堂で行われ、93人が巣立った。
 大井田隆校長は一人ひとりに卒業証書を手渡した後、式辞で「介護、地域医療、福祉といった総合的な視野を持った看護師になって欲しい」と激励。
 卒業生代表の?橋ひとみさんは実習での患者との交流を振り返り、「貴重な学びを胸に刻み精進する」と誓った。卒業生の多くは4月から本学の付属病院で勤務する。
 歯学部付属の2専門学校の卒業式は10日に行われ、59人が卒業。松戸歯学部付属歯科衛生専門学校の卒業式も同日あり41人が巣立った。
1 付属卒業式201703.jpg
                    「蛍の光」を歌う卒業生