メニューの開閉

総合

創立130周年シンポジウム 安保、危機管理を議論石破元防衛相が基調講演  

本学が2019年に創立130周年を迎えることを記念し、読売テレビ(本社・大阪)の報道番組「ウェークアップ!ぷらす」と本学が共催するシンポジウム「『どうなる日本!?』~この国の危機への処方箋~」が10月1日、東京都港区のホテルオークラ東京で開催された。元防衛相の石破茂衆院議員ら外交・防衛の要職を経験した4人と本学危機管理学部の福田充教授(危機管理学)がパネリストとして出席。国防やテロ、危機管理など日本が直面する課題をめぐって約3時間にわたって討論した。

(さらに…)

合わせて読みたい

  • 情報募集中
  • ご意見・ご感想