メニューの開閉

総合

3年生も事実上就活始動へ インターン募集続々

 2016年3月卒業予定者の就職活動が佳境を迎える中、17年卒予定者が対象のサマーインターンのエントリーも次々と始まった。企業から学生への接触が3月以降に繰り下げられた上、好景気による売り手市場がしばらく続きそうな情勢もあり企業にとっても学生にとってもインターンが事実上の〝決戦場〟となっている。

(さらに…)

合わせて読みたい

総合

生産工 国際展に初の出展 3日間で約300人訪れる

 生命工学に関する技術や製品の専門展示会である「第8回国際バイオEXPO&国際バイオフォーラム」が7月1日から3日まで、東京都江東区の東京ビッグサイトで行われ、大学院生産工学研究科の生命工学・リサーチ・センターが初出展し […]

総合

生物資源科 クォーク6個の粒子 スパコン実験で存在証明

 生物資源科学部の井上貴史助教(原子核理論)らの研究グループがこのほど、物質を構成する基本要素であるクォーク6個からなる粒子「H|ダイバリオン」の存在をスーパーコンピューターを駆使した計算によって証明した。

総合

7月に新体制発足、抜本的改革へ 新理事長は学外から 学長選出に立候補制を導入  

 本学は7月1日に学外者から選出する新理事長の下、新体制が発足する。文部科学省へ4月7日、一連の不祥事を受けての再発防止策と新たなガバナンス体制をまとめた報告書を提出、6月末までに加藤直人理事長・学長を含む理事・監事・評 […]

総合

国際関係 世界を視野に制作を 原田教授主催の映画シンポ

 国際関係学部は4月25日、同学部1523教室で「映画の国際マーケットと日本人」をテーマにシンポジウムを開催した。映画配給会社のギャガ・コミュニケーションズ取締役の星野有香さんが講演した。