新学部長に池村教授

総合

2015.6.22 20:47

 法学部の池村正道教授(行政法)が6月5日の理事会で次期学部長に承認された。


 任期は2015年7月1日から3年間。
 杉本稔学部長の任期満了(6月30日)に伴う予備候補者選挙が5月28日に行われ8人を選出。有効票139の3分の2以上を獲得した候補はなく、60票の池村教授、43票の岩渕美克教授(政治コミュニケーション論)、21票の松嶋隆弘教授(商法)の上位3人で、同日教授会を開催し最終候補者選挙を行った。
 その結果、有効票89のうち池村教授が39票、岩渕教授が35票、松嶋教授が15票を獲得。過半数獲得候補はなく、上位2人による再投票で池村教授が53票、岩渕教授が33票を獲得し、池村教授が候補者となった。
 【略歴】1948年12月2日、新潟県生まれ。66歳。72年本学法学部法律学科卒。75年明治大学大学院法学研究科修士課程修了、83年専修大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学。同年本学法学部助手、86年通信教育部専任講師、95年同助教授、2001年法学部助教授、03年同教授。