メニューの開閉

総合

通信教育 猛暑の中2436人集う ことしは131講座開講 校舎は9月から市ケ谷へ

 通信教育部の夏期スクーリングが8月2日から東京・水道橋の三崎町校舎で始まった。18日までの17日間に2436人(7月28日現在)が受講する。夏期スクーリングは3日で1科目を学ぶ短期集中型。初日、東京地方は最高気温35度を超す猛暑日となったが、学生たちは教師の言葉を聞き逃すまいと、真剣な表情で講義に臨んだ。(4面に関連記事)

(さらに…)

合わせて読みたい

総合

秋の叙勲 鈴木氏に大綬章 本学関係者3人

 秋の叙勲受章者が11月3日に発表された。本学関係の受章者は3人だった。(敬称略 12月7日判明分 年齢は同日現在)

総合

2019年度卒業者 三軒茶屋から初の卒業生 約1万7千人巣立つ

2019年度の卒業生は大学院、学部、通信教育部、短期大学部の計1万6981人となった。 今年は日本武道館が東京五輪開催に向けた改修工事で使えないため、当初、卒業式は学部ごとに実施することを予定していた。しかし、新型コロナ […]

総合

ワクチン職域接種を開始 学生と教職員対象に 6月21日から各会場で実施

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、本学は6月21日、コロナ対策の切り札となるワクチンの職域接種に着手した。 本学は事前調査によって接種を希望する学生、教職員の人数を把握。本学医、歯、松戸歯、薬各学部の医師や歯科医師、 […]

総合

春の叙勲 本学関係者は9人 瑞宝大綬章に重松博之氏

 内閣府は4月29日、春の叙勲受章者を発表した。  本学関係者の中綬賞以上の受章者は9人だった。(敬称略 5月14日判明分 年齢は4月29日現在)