メニューの開閉

総合

震災1年の課題討議 都市防災などで連携シンポ

 東日本大震災から1年。原発事故後のエネルギー問題や将来の都市防災をめぐり学内外の専門家が討議する「学部連携研究推進シンポジウム」が2、3月に相次いで開かれた。エネルギー問題では、原子力の代替となる現実的な選択肢は火力発電以外にないとの点で参加者の意見が一致。都市防災では、大規模災害に海上浮体で備えるべきだとする見解などが披露された。

(さらに…)

合わせて読みたい

  • 情報募集中
  • ご意見・ご感想