医 累積赤字で維持困難と判断 光が丘病院運営終了

総合

2011.8.4 16:41

 本学は医学部付属練馬光が丘病院=東京都練馬区=の運営を2012年3月をもって終了することを発表した。病院開設時から累積で約90億円の赤字を抱え、運営維持が困難と判断した。


 同病院は経営破綻した練馬区医師会立光が丘総合病院に代わって1991年4月に診療を開始、地域の主要医療機関として貢献してきた。
 練馬区との契約はことし3月末に終了したが、区の強い要請で1年間延長している。受診中の患者は付属板橋病院及び駿河台病院、関連病院で引き継ぐなど、サポートする。
 本学の決定を受け、練馬区は後継病院を公募し、新病院を来年4月からスタートさせる考え。