日藝賞記念イベント 青山さん囲みトーク 漫画家としての日常語る

総合

2011.8.4 15:31

 第5回日藝賞を受賞した漫画家の青山剛昌さん(47歳、1985年美術学科卒)が6月24日、芸術学部江古田校舎で記念イベントを行った。


青山さんが在学中に所属していた漫画サークル「熱血漫画根性会」の先輩で漫画家の阿部ゆたかさん(76年映画学科入学)や同会の学生ら6人による対談で、学生や教職員ら約470人が聴講した。
 青山さんは、あらかじめ寄せられた学生からの質問に答える形で、漫画家としての日常を約1時間にわたりユーモアたっぷりに話した。代表作である「名探偵コナン」(小学館)については1話を8日かけて描いていると述べ「たまに休載しますが、休まずに描いているので怒らないで」と聴衆を笑わせた。漫画制作の裏話なども披露し、会場は終始、大盛り上がりだった。
 「青山さんにとって『日芸』とは」との質問には「漫画家の原点。(芸術学部に)入っていなかったら漫画家になっていなかったかも」と答えた。
 最後に、漫画家を志す学生へ向け「漫画家はとにかく大変。ただ、それを含めて楽しいと感じられれば、とてもやりがいのある仕事」とアドバイスした。
2011.7.aoyama.jpg
ユーモアのある語りで会場を楽しませた青山さん