理工 杉田さんに金の卵賞 東京湾での散骨葬を提案

総合

2011.7.6 18:09

 大学院理工学研究科の杉田陽平さん(海洋建築工学専攻博士前期課程1)がこのほど、毎日新聞社と社団法人総合デザイナー協会が主催するデザインコンペ「毎日・DAS学生デザイン賞」で最優秀賞に当たる金の卵賞を受賞した。


 建築部門に応募した杉田さんの作品は「遷(うつ)ろう風景」。日本でも徐々に増えている散骨に着目し、東京湾の沖合に散骨葬を行う施設を作るアイデアを設計図と模型を使って提案した。
 同デザイン賞は大学・専門学校生らが対象でテーマは「この星を美しくしたい」。建築、写真・映像など9部門あり、杉田さんが受賞した金の卵賞はこの中で最も優れた作品に贈られる。応募総数は167点。
 杉田さんの話 実際に東京湾の沖合まで行き、場所の選定にこだわった。たくさんの人に支えられて受賞できた。