メニューの開閉

総合

生物資源科 クォーク6個の粒子 スパコン実験で存在証明

 生物資源科学部の井上貴史助教(原子核理論)らの研究グループがこのほど、物質を構成する基本要素であるクォーク6個からなる粒子「H|ダイバリオン」の存在をスーパーコンピューターを駆使した計算によって証明した。

(さらに…)

合わせて読みたい

総合

サプリメントをどう生かす 安川教授が講演で解説

 薬学部と財団法人船橋市文化・スポーツ公社が連携した地域貢献プロジェクトが3月9日、千葉県船橋市の船橋アリーナで開かれ、安川憲教授(セルフメディケーション学)が「サプリメントの効用と落とし穴」と題して講演、地域住民ら11 […]

総合

文理 中国ウイグルに研究センター シルクロード研究の拠点に 石河子大と交流実る

 文理学部のシルクロード研究の拠点となる研究センターが、このほど中国・新疆ウイグル自治区の石河子(せっかし)大学内に開設された。開所式は9月7日、島方洸一文理学部長や石河子大の向本春学長、北京大学の張国有副学長ら関係者が […]

総合

国際関係 佐藤学部長が再任 

 佐藤三武朗学部長の再任が11月7日、理事会で承認された。任期は2009年2月5日から3年間。

総合

生産工 アルミニウムの新工程考案 久保田准教授に最優秀賞

 9月22日から26日までの5日間、ドイツのアーヘン工科大学で行われた第11回アルミニウムに関する国際会議で、生産工学部の久保田正広准教授(機械材料工学)がポスターセッション部門で最も優秀な研究者に贈られるベストイノベー […]