新たに2研究科開設 知財研究科を法学系に設置

総合

2010.2.1 17:04

 本学は2010年度から大学院新聞学研究科と大学院知的財産研究科(専門職)を新設する。


 杉本稔法学部長が研究科長を兼任し、事務は法学部が担当する。新聞学研究科には新聞学専攻を置く。入学定員は10人。法学部新聞学科の大学院進学希望者は、これまで他大の大学院に進学することが多かったが、新聞学研究科の新設で、こうした学生の受け入れ体制も整う。
 知的財産研究科には知的財産専攻を置く。入学定員は30人。知的財産は本来法学系の分野だが、理系の研究、開発に伴う特許にかかわる対象が多いため理系大学院で扱われてきた。本学では法学系の専門職大学院として設置される。