短大 みしまコロッケ対話 市と大学で地域振興を確認

総合

2009.10.7 18:33

 短期大学部食物栄養学科が箱根西麓(せいろく)産のメークインで作った「みしまコロッケ」の知名度を高めようと、関係者によるフリートークが8月25日、国際関係学部で行われた。


 三島市からは小池政臣市長らが、本学からは佐藤三武朗国際関係学部長、室伏誠食物栄養学科長、みしまコロッケの開発プロジェクトリーダーの学生2人が参加。
 室伏学科長は「みしまコロッケを富士宮焼そばのような親しみのあるB級グルメとして定着させたい」と話した。