メニューの開閉

総合

理工 人工浮体技術を提案 水没危機の太平洋諸国を救え

 理工学部海洋建築工学科は5月20日、駿河台校舎でNPO法人地球倶楽部ネットワーク2000、清水建設と「ニューフロートアイランドシンポジウム」を共催、キリバスのアノテ・トン大統領ら地球温暖化による海面上昇で水没危機に直面している太平洋諸国の首脳を招き、国土の喪失を救う人工浮体技術の実現可能性を探った。

(さらに…)

合わせて読みたい

  • 情報募集中
  • ご意見・ご感想