メニューの開閉

総合

商 相対評価を試験導入 本年度の後期と来年度

 商学部は現行の絶対評価をあらためて、2008年度後期から相対評価を試験的に導入することを決めた。09年度1年を通じて行われ、10年度からは完全実施を予定している。本学では初の試み。ただし、学生の能力を一定基準まで引き上げることが目的の教職科目やコンピューターリテラシーなどは引き続き絶対評価で行われる。

(さらに…)

合わせて読みたい

  • 情報募集中
  • ご意見・ご感想