メニューの開閉

総合

理工 富士宮市で交通実態調査 藤井教授ら問題解決に貢献

 理工学部社会交通工学科の藤井敬宏教授(交通工学)らはこのほど、静岡県富士宮市の依頼で同市の交通実態調査を実施した。調査結果は来年提出する予定で、将来の市の交通行政に反映される。

(さらに…)

合わせて読みたい

総合

―歯― 酪酸がエイズ発症に関与 落合教授らが突き止める

 歯学部の落合邦康教授(口腔細菌学)らはこのほど、歯周病原菌が作り出す酪酸という物質が、体内に潜伏しているヒト免疫不全ウイルス(HIV)を活性化させ、後天性免疫不全症候群(エイズ)を発症させる可能性があることを突き止めた […]

総合

2016年度決算 総額約2741億円 予算比では約43億円増加

 2016年度決算が5月23日に日本大学会館で開かれた評議員会で報告、了承された。

総合

生産工講演会 VSN関口会長  「人生の軸ぶれさせるな」

 技術系アウトソーシング大手、VSN代表取締役会長の関口房朗氏が6月30日、生産工学部津田沼校舎37号館101教室で講演し「自分で定めた軸をぶれさせるな」と独自の人生哲学を語った。同校舎に愛車の高級車で来場し、聴講した学 […]

総合

司法書士試験 本学から3人合格 谷本さんは最年少で合格

法務省は11月12日、令和3年度司法書士試験の合格者を発表した。総受験者は1万1925人で、合格者は613人。合格率は5・14%だった。 本学からは宇井泰聖さん(法・法律4)、谷本駿介さん(同)、青山裕昭さん(1979年 […]