メニューの開閉

総合

工 猪苗代湖に黄信号 中村教授ら水質悪化に警鐘

 工学部土木工学科の中村玄正教授(衛生工学)らと福島県生活環境部の水環境グループによる猪苗代湖の水質調査の結果、長年弱酸性で安定していた同湖の水質が中性化しつつあることが分かった。調査結果は9月13日、福島県郡山市の「ビックパレットふくしま」で発表された。

(さらに…)

合わせて読みたい

総合

アジアパラ 天摩はゴールボールで銅 水泳木村4種目で金

 アジアパラ競技大会は10月18日から24日まで、韓国の仁川で開催され、水泳の視覚障害S11クラスの木村敬一(大学院文学研究科博士前期課程2)が出場した6種目全てでメダルを獲得したほか、女子ゴールボール団体の天摩由貴(大 […]

総合

生物資源科 海洋立国推進に貢献 ウナギ研究の塚本教授表彰

 世界的なウナギ研究者として知られる生物資源科学部海洋生物資源科学科の塚本勝巳教授(ウナギ学)が7月9日、第6回海洋立国推進功労者として表彰を受けた。

総合

国際関係 佐藤学部長が講演 売り上げなど被災地に寄付

 国際関係学部の佐藤三武朗学部長が5月3日、静岡県三島市内のホテルで東日本大震災チャリティー講演会と題し「日本巨人伝 山田顕義」(講談社刊)の出版記念講演を行った。

総合

国際関係 三島後援会が奨学金 新幹線通学、下宿の負担軽減

 国際関係学部、短期大学部、付属三島中高に在籍する学生、生徒の父母で組織する三島後援会(工藤政則会長)はこのほど、新幹線で通学したり下宿生活している学生を対象とした奨学金制度を創設した。経済不況の中、保護者らの家計負担を […]