医学部付属板橋病院 感染について講演会

総合

2005.9.1 13:52

 学部附属板橋病院は8月2日、記念講堂で「エビデンスに基づくこれからの感染制御~医療法施行規則の改正に伴って~」と題して講演会を開催した。


 講師には東京医療保健大学の大久保憲教授を招いた。
 
 院内感染は、患者に余分な負担をかけ、重症の場合は訴訟問題になることもある。医療事故とは異なり、病院内の対策が万全ならば、発生率を減らすことが可能だ。
 今年2月の医療法施行規則の改正を機に医師と看護師の知識と技術の向上が注目されている。