メニューの開閉

特集・企画

NPerson⑪ 大岡知暉さん

大学生らしい生活を満喫

 待ち合わせ場所は経済学部本館地下1階の学生ホール。黒のTシャツに銀色のネックレスを身に着けた大岡さんが、人なつっこい笑顔で迎えてくれた。

 高校時代はクラスにうまくなじめず、2年の時に高校を中退。3年からは通信制高校に通い始めた。そのため、文化祭や体育祭などのイベントには参加できず、高校生らしい生活が送れなかったことを後悔していた。それだけに大学では「誰もが思い描くような、大学生らしい生活」を目指すようになった。

 大学入学後はまさに学生にしか体験できない「サークル活動」に熱中している。現在は四つのサークルに所属する大岡さん。法学部の放送研究会とスノーボードサークルFLATでは代表を務めている。それぞれ部員が約100人いるため、顔を覚えるのも大変だ。学生間でのトラブルも避けられない。しかし、そこから人とのコミュニケーションの取り方を学んだり、価値観の違いを理解したりすることができたという。学生同士で助け合いながらサークルを運営することが、今でしか体験することができない成長の機会につながっている。

 中でもやりがいを感じるときは、サークルになじめていない学生と打ち解けられた時だ。同じような経験を持つ大岡さんだからこそ、共感し寄り添うことができる。

 また、大学1年の時には経商法落語研究会に入って、お笑いの賞レースにも挑戦した。高校時代に聞いたラジオ番組で、落ち込んでいた自分を笑顔にしてくれたお笑い芸人。そんな彼らに憧れ、高校2年からお笑いの舞台に出場している。将来は「お笑い芸人として結果を残し、いつか相方と個人事務所をつくりたい」と夢を語ってくれた。

 今学期中にほとんどのサークルから引退するという大岡さん。充実した大学生活で育んだ「いろんなことに積極的に、とりあえずやってみよう」というチャレンジスピリットがあれば、きっとすてきな芸人になれるだろう。

※本人の承諾を得て掲載しています。