メニューの開閉

特集・企画

学生から静かな叫び〈2〉

  • ピックアップ

学生支援の実態 安心できる居場所づくりを

「相談した意味、あるのかな」―。昨秋、本学法学部の学生支援室へ相談した同学部4年のAさんはこう話す。ゼミや卒論で耐えきれない辛い経験をして、逃げるように支援室に駆け込んだ。しかし、男性の相談員から返ってきた言葉は「ゼミならきっと単位はもらえるから、もっと頑張ってみて」―。すっかり話をすり替えられてしまった。

Aさんは以前にもゼミの担当教員から精神的に追い込まれ教務課の職員に相談した。その時は「(当該教員に)こちらから注意してもいいけど、あなたの立場が無くなるかも」と言われてしまい、引き下がらざるを得なかった。

そして前述の学生支援室での話だ。あの時は相談員に「単位の問題ではないんです」と切り返す気力も失せていた。「どこに行ってもだめ。どうして良いか分からず悲しかった」と、当時の苦しい胸の内を吐露する。

本学には全16学部と通信教育部に、学生生活全般の相談を受け付ける「学生支援室」が設置されている。だが、その認知度は44%(本紙調査)と低く、Aさんのように「相談に行って損をした」というミスマッチも起こりがちだ。それはなぜか―。…

続きは本紙にて

合わせて読みたい

特集・企画

フォーカス 一瞬の輝き 速攻で流れ呼ぶ

 バスケットボールの京王電鉄杯。法大戦でフォワードの篠原徹(文理4=福井・北陸高)が相手ボールをカット、速攻でレイアップシュートに持ち込む。器用なプレーが持ち味の篠原。法大の攻撃リズムをうまく崩し、一瞬にして本学に攻撃の […]

特集・企画

いただきます! ㉖CURRY&SPICE BAR カリ~ビト

暑くなると無性にカレーが食べたくなる。 7月の某日、飯田橋駅の最寄り学部で学ぶ記者は、以前から目をつけていた「CURRY & SPICE BAR カリ~ビト」に立ち寄った。 午後1時、昼時の混雑のピークはとっくに過ぎてい […]

特集・企画

よりみち日和 ㉕東京大神宮

JR・地下鉄飯田橋駅から徒歩5分ほどのオフィス街を歩くと「東京大神宮」と刻まれた石碑と鳥居が見えてくる。ここは本学の学祖・山田顕義の邸宅跡という。 「東京のお伊勢さま」として名を知る人も多いのではないだろうか。1880年 […]

特集・企画

よりみち日和 ㉙JICA地球ひろば

JR中央・総武線「市ケ谷駅」から程近い「JICA地球ひろば」を訪ねた。 「JICA(国際協力機構)」は外務省の外部団体で、開発途上国への「政府開発援助(ODA)」のうち2国間援助に特化して包括的に実施する機関だ。「JIC […]